今だに利用者が多い新車ディーラーの中古車下取り!実際ところはどうなの?

今だに利用者が多い新車ディーラーの中古車下取り!実際ところはどうなの?

車を売る方法の代表格として、ディーラー下取りというものがあります。初めて車を売るという人はあまりよく知らないかもしれませんが、新車が展示されているトヨタやマツダ、日産などの看板を掲げたショールームがディーラーです。そのディーラーで車を下取りしてもらい、車の買い替えをスムーズに行えるというサービスで、車の買い替え時に利用される人が多いかと思います。

ディーラー下取りのメリットとしては、新車を購入した際に、その購入した車の納車と、それまで乗っていた車の下取りのタイミングを上手く調整できたり、その1店舗だけで、購入と売却を済ませることができるので、無駄がなく手間が掛からないということがあります。

それ以外にも大手自動車メーカーのブランド力もあり、車の売買に関して安心して行うことができると感じている方も少なくないのではないでしょうか?

確かに私も車を売る際に、ディーラー下取りにしようかと思っていたこともあるのですが、

実はディーラー下取りにはデメリットもあり、このデメリットがディーラーで下取りしようと思っていた私を思い留まらせてくれたのです。

ではそのデメリットとは何なのか?ですが、

それはディーラーの下取りというのは、多くの場合で安い査定額となってしまい、高く売却することが難しいということだったのです。一見、大手自動車メーカーなんだから高く売ることができそうに思うのですが、実はそうでもないようなのです。

ディーラーというのは、先程も言いましたとおり、各メーカーの新車を展示しているショールームになっています。

トヨタならトヨタの新車、日産なら日産の新車といったように、別のメーカーの車は販売しておりません。そしてもちろん、中古車を展示して販売しているということもほとんどありません。

下取りした車は、系列店などに回して、ディーラー認定中古車として販売されたりすることもありますが、基本的にはディーラーというのは中古車販売があまり得意ではないのです。

さらに、高く下取りしてもらえたという場合においても、実は見落としがちなことがあるので注意が必要になります。

それはディーラーというのは、新車を販売することと、下取りすることで二重の利益を得ているのですが、新車からの値引き額が少なく済んだ場合、その金額を下取り価格に上乗せして、あたかも高く下取りしたと思わせる手法です。

そしてそれ以外にも、車の査定料や名義変更料といった費用を請求するされることもあり、下取り査定時には特に言われることはありませんが、実際に下取りしてもらった後の書類の内訳には、査定料や名義変更料といった項目がしっかりと入っており、その額は約2万円程になることも珍しくないのです。


中古車販売店の車買取については中古車販売店の車買取なら高く売れる?でも書いていますが、その中古車販売店の車買取であれば、そのような査定料や名義変更料などは無料で対応してくれるところがほとんどですので、ディーラー下取りだと、いかに損をしてしまう可能性があるかがこのことからも分かると思います。

以上のことから、私の個人的な見解では、車の買い替え時に新車を購入する予定だったとしても、そのディーラーでは下取りなどしてもらわずに、少々手間はかかりますが、中古車販売店に車買取してもらうべきかなと思います。

このことは、こちらの車買取川口市というサイトにも詳しく書かれていますので、車を高く売るコツが知りたいという方は、そちらも併せて読んでおくといいかなと思います。

admin

コメントは受け付けていません。