2月 2020Archive

車を売る時に忘れてはいけないこと|スタッドレスタイヤと車検切れのお話

自動車の査定を頼む時は、スタッドレスタイヤを装着した状態ではなく、標準のタイヤにしておくのが鉄則です。

なぜなら査定を行う時、スタッドレスタイヤはマイナスになると言われているからです。状態が良ければスタッドレスタイヤも車とともに買い取ってくれる場合もありますが、すり減って溝がない状態になっていると、反対に処分の費用が必要にになる可能性すらあるのです。

車の査定を受ける際の手順としては、一番初めに一括査定をインターネットなどで申し込みます。中古車買取業者によってこちらの情報を基に算出された査定額が出されますので、数ある中から査定の額が高い業者や、信頼のできそうな業者をその中から見つけ、実際に査定してもらいましょう。

査定の結果に満足ができたら、売買契約をして車を売却するわけですが、その売却したお金は後日に振り込まれる場合が多いので急いで現金化したいという方は覚えておくといいはずです。

そして、車検切れの車について査定はどうなるかというと、それは問題なく査定は受けられるのですが、車検を通っていない車は公道を走ると法に触れますので、査定を受けるには出張査定しかありません。

でも、お金をかけて車検を通し、それから売ることを考えるより、車検は通さないまま買い取ってもらう方が、車検代を考えると相当お得なはずですので、割り切って出張査定を利用することにしましょう。

もちろんこういう出張査定も一社からではなく複数のところから受けておくと手間かもしれませんが得になりますので、この点はお忘れのないように。